カードローンの取り立てについて知る

スマートフォン銀行や消費者金融から借り入れをし、返済に滞りが生じると、ドラマなどでよく見かけるような、悪質な取り立てがあると思っている人はいまだに多いとされています。
 
借り入れの返済に、滞りが生じてしまった場合、取り立てはありますが、法的に、取り立てができる時間や方法が決められていますから、返済ができなくなったら、すぐに逃げなければいけないというようなことはありません。
 
返済に滞りが生じてしまうと電話や手紙にて、返済に滞りが生じている事が伝えられます。
 
返済に滞りが生じている事に気がつき、すぐに返済をする事が出来る状態であるのであれば良いのですが、すぐに返済ができない場合には、返済できる期日と金額を伝え、その時に確実に返済できるようにしましょう。
電話を無視し、督促状が来ても、何もしないままでいると、自宅に取り立てがやってくる場合もあります。
取り立て可能な時間としては、朝の8時から夜の9時までと決まっていますし、相手に威圧を与えるような行為は禁止されています。
 
それでもまだ返済をせずにいると、大抵の金融業者は裁判に持っていくことになります。
 
裁判になってしまうと、給料差し押さえの措置を取られてしまう場合もあります。
 
専業主婦カードローンの場合には、返済に滞りが生じ、返済しないままでいるとご主人に連絡が行く場合が多く、家族にばれてしまいますから、専業主婦カードローンを家族に内緒で行いたい場合には、確実に毎月返済をするようにしましょう。

このページの先頭へ