専業主婦でも借りれるカードローンの方法 TOP » 返済を考える » 借り入れが返済できなくなってしまったら

借り入れが返済できなくなってしまったら

電話のポーズをする女性専業主婦カードローンの利用は、自分自身に収入があるわけではないので、借り入れを返済できなくなってしまう人も多いとされています。
返済できなくなってしまった借り入れを、そのまま放置しておくと、自宅に督促状が届くことになりますし、電話も頻繁に自宅にかかってくるようになります。
そのような状態になると、家族やご主人に内緒で借り入れをしていても、確実に家族にばれてしまいます。
 
借り入れが返済できなくなったと気が付いた時には、まずはすぐに銀行へ連絡をしましょう。
借り入れを返済期日までに返さないと、非常に高い金利がついてしまうのですが、電話にて連絡を入れることで、一旦督促状はストップします。
電話にて、連絡をし、いつであれば、返済可能であるという事を告げ、その日までに必ず返済をしましょう。
約束の期日に返済することができれば、さほど問題ではありませんが、その後も返済することが出来ない状態となってしまった場合には、法的手段を取られてしまい、裁判になってしまう事もあります。
 
借り入れが返済できなくなってしまった場合には、専業主婦カードローンの利用をしている事をご主人に伝え、対策を練る必要があります。
夫婦どちらも貯金がない場合には、ボーナスや退職金の前借なども視野にいれ、現在の借り入れを返済する必要があります。
借り入れを放置しておくと、結果的にはご主人に迷惑がかかってしまいますから、借り入れの返済に滞りが生じないようにすることが大切です。

このページの先頭へ