借り入れ限度額と総重量規制とは

消費者金融からの借り入れは、総重量規制という年収の3分の1までしか借り入れをする事が出来ないという決まりがありますが、銀行の場合には、総重量規制の対象外となりますから、借り入れ限度額を高く設定することが可能です。
 
消費者金融の場合には、1社からの借り入れだけではなく、複数社からの借り入れの合算により、年収の3分の1までしか借り入れをする事ができませんから、借り入れ額を多くしたい場合には、銀行からの借り入れを選ぶと良いでしょう。
 
総重量規制の制限がないため、専業主婦カードローンも銀行のみの取り扱いとなるのですが、専業主婦カードローンの場合には、総重量規制にかかっているわけではなくても、借り入れ限度額は30万円から50万円までとなっています。
 
なぜ借り入れ限度額が少なく設定されているのかというと、専業主婦ですから、自分自身で仕事をしているわけではなく、ご主人の収入があるから借り入れをする事が出来ている状態となるからです。
ご主人の同意があれば、借り入れ限度額は、多く設定することが可能となりますが、大抵の専業主婦はご主人には内緒で借り入れをしたいと考える人が多いですから、収入がないために、借り入れ限度額が少なくなってしまうのです。
借り入れ限度額を高くしたい場合には、自分自身も働き、収入を得なければいけません。
収入が多くなれば、銀行だけではなく、消費者金融からも高めの借り入れ限度額の設定としてもらうことが可能となります。


専業主婦でも借りれるおすすめカードローンはこちら

このページの先頭へ