債務整理の種類を知る

債務整理とは、借り入れの返済が出来なくなってしまい、身動きが取れなくなってしまった時、生活をする事ができるように銀行や消費者金融側と、弁護士や司法書士などが話し合いをし、借り入れの減額することが出来る方法となります。
 
専業主婦カードローンにより、返済が出来なくなってしまった時にも、債務整理を取り入れることが可能となります。
 
債務整理にはいくつかの種類がありますから、債務整理を行う場合には、借り入れをした金額と返済までの期間を考慮し、弁護士や司法書士と相談しながら、債務整理を決定しましょう。
債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産があります。
任意整理は裁判所を通さず、銀行側と、弁護士側が話し合い、毎月の返済額の変更や、借り入れの減額を決定する方法となります。
特定調停は、任意整理を裁判を通じて行う方法です。
個人再生の場合には、3年程度の期間で完済することができるように借り入れ額を減額することができ、住宅などを手放さずに済む方法となりますが、自己破産の場合には全ての借り入れが帳消しになりますが、資産となる物は全て回収されてしまいます。
 
債務整理を行うと、必ず個人信用情報と呼ばれる、通称ブラックリストに名前が載ってしまいますから、専業主婦カードローンであっても、新たに借り入れをする事は数年間できません。
債務整理は、社会的信用をなくすことになりますから、クレジットカードの発行や、銀行の口座開設など、出来なくなってしまう事もあります。

このページの先頭へ