専業主婦でも借りれるカードローンの方法 TOP » 専業主婦がカードローンを活用する » 専業主婦カードローンと有職主婦カードローンの違いとは

専業主婦カードローンと有職主婦カードローンの違いとは

考える女性専業主婦カードローンと有職主婦カードローンの大きな違いとしては、借り入れ限度額に違いがあります。
専業主婦の場合には、借り入れ限度額として、30万円から50万円程度となっていますが、有職主婦の場合には年収によって、借り入れ限度額が変わります。
 
専業主婦カードローンの場合には、銀行からのみ借り入れができるのに対し、有職主婦の場合には、銀行からだけではなく、消費者金融からも借り入れをする事が可能となります。
消費者金融であれば、年収の3分の1まで借り入れをする事ができますから、収入が多ければ、それだけ借り入れ額を増やすことができますし、借り入れ金額が多くなってしまったとしても、返済に滞りがなければ、ご主人にばれてしまうようなことはありません。
 
ですが、有職主婦であっても、パートやアルバイトである場合、あまり年収が多くないのが実態です。
年間103万円以内の収入で抑えようと考える主婦が多いですから、年収の3分の1までの借り入れとなった場合、借り入れ限度額が30万円程度となってしまう人が多くなっています。
借り入れ限度額を更に増やしたい場合には、収入を多くするか、ご主人に同意してもらい、借り入れ限度額を増やすという方法しかありません。
ご主人の同意があれば、専業主婦でも、消費者金融から借り入れすることが可能となります。
専業主婦カードローンとは異なり、配偶者貸付という制度となりますが、専業主婦でもご主人の収入を合算し、借り入れ限度額を決定することができるので、多くの額を借り入れることが可能となります。


専業主婦でも借りれるおすすめカードローンはこちら

このページの先頭へ