専業主婦でも借りれるカードローンの方法 TOP » 借り入れをするために » 消費者金融で専業主婦が借り入れをするには

消費者金融で専業主婦が借り入れをするには

夫婦専業主婦は、銀行から専業主婦カードローンでのみ借り入れができるのですが、ご主人の同意を得ることができれば、消費者金融からも借り入れをすることができます。
 
専業主婦が消費者金融からの借り入れをする場合には、配偶者貸付と呼ばれる借り入れとなります。
配偶者貸付とは、夫婦の年収の合算により、総重量規制まで借り入れが出来るという制度です。
そのため、専業主婦であっても、ご主人の年収の3分の1までであれば、借り入れをする事ができるのです。
大手の消費者金融では、配偶者貸付を行っていないような場合もありますから、配偶者貸付を希望する場合には、事前に消費者金融に問い合わせをしてから借り入れをするようにしましょう。
新規での配偶者貸付の申し込みは不可としているような消費者金融もあります。
 
申し込みに必要な書類としては、専業主婦カードローンと同じように、夫婦の戸籍が証明できる書類の他に、身分証明書、ご主人の収入がわかる書類が必要となります。
銀行から専業主婦カードローンを利用する時との違いとしては、ご主人の同意書がなければいけないという事と、ご主人の年収に合わせて多めの借り入れ限度額とすることが出来るという事です。
 
自分やご主人、どちらかがブラックリストにのっているような場合には、審査がクリアにならない場合もありますから、注意しましょう。
生活費が足りずに困ってしまう場合には、配偶者貸付により、家族の借り入れとするのも良いでしょう。

このページの先頭へ