専業主婦でも借りれるカードローンの方法 TOP » 借り入れをするために » 消費者金融と銀行からの借り入れの違いとは

消費者金融と銀行からの借り入れの違いとは

考える女性消費者金融と銀行からの借り入れを選ぶ場合、どちらと契約をするか、迷ってしまう人もいるかと思います。
専業主婦である場合には、銀行での契約しか、専業主婦カードローンを利用する事ができませんから、消費者金融を選ぶという選択肢はないのですが、仕事をしている場合には、どちらの方が使い勝手は良く、サービスが充実しているかを調べてみましょう。
無利息期間が付いている場合もあれば、銀行の時間外ATM手数料がかからなくなるようなカードローンもあります。
サービスの他にも、金利に違いがありますし、借りやすさや返しやすさにも違いがありますから、様々なサービスを比較してみましょう。
 
専業主婦カードローンを利用する場合でも、銀行によって、金利は違いますから、選ぶことができる銀行の数は少ないのですが、見極めた上で契約をすると良いでしょう。
 
消費者金融の場合には、総重量規制にかかってしまいますが、銀行の場合には、総重量規制の対象外となりますから、多くの額の借り入れをしたい場合には、銀行を選ぶと良いと言われています。
ですが、消費者金融よりも、銀行の方が審査がクリアになりにくいという特徴があります。
返済の滞りが生じると、すぐに法的手段に出るのも銀行であると言われています。
最近では消費者金融も銀行も、金利や申し込み方法に差がなくなってきていますが、信頼度が高い分、借り入れや返済など、様々な面で厳しいと言われていますから、どちらの契約が良いのか検討してみましょう。

このページの先頭へ