過払い金とは何か

過払い金とは、借り入れをした時の金利が法定金利ではなく、出資法と呼ばれる、法定金利よりも高い金利で借り入れをしていた場合に、払いすぎていた金利の返還を求める事を言います。
過去10年間までに借り入れをしていた経験がある場合には、過払い金により、金利を払いすぎてしまっている可能性がありますから、取引履歴を確認してみましょう。
 
取引履歴は、借り入れをしていた金融業者へ連絡をすると、郵送してもらうことができます。
 
過払い金は、金融業者へ連絡をし、法的な手続きをとると、返還をしてもらうことができます。
借り入れ額によっては、100万円近い金額が返ってくる人もいますから、過去に専業主婦カードローンや、その他のカードローンの過去がある場合や、現在も進行して借り入れをしている場合には、金利を必ず確認しましょう。
 
過払い金の請求方法としては、司法書士や弁護士に頼むと、比較的簡単に手続きを進めることができます。
自分自身でも必要書類を準備し、過払い金請求をする事も可能となりますが、書類に不備があったり、記載漏れがあると、裁判になった時に負けてしまう場合があり、過払い金請求が出来なくなってしまう事もありますから、注意しましょう。
 
現在、借り入れが開始する場合、出資法の金利での取引が開始となることはありませんから、法定金利以上の場合には、闇金であると判断して良いでしょう。
専業主婦カードローンを利用する時にも、契約前に必ず金利を確認することが大切です。


専業主婦でも借りれるおすすめカードローンはこちら

このページの先頭へ