金利とは

電卓専業主婦カードローンにより借り入れをした場合には、必ず金利が発生します。
 
金利の上限としては、10万円未満までの借り入れの場合には年利20パーセントまでと定められていますし、100万円未満の場合には18パーセントまでの金利となっています。
専業主婦カードローンの場合には、借り入れ限度額が30万円から50万円であることが多いので、金利の上限としては、18パーセントまでである場合が多いでしょう。
年利で18パーセントである場合には、50万円の借り入れをした場合、1日の金利の支払いとしては、250円弱となります。
10万円の借り入れの場合には、50円弱となりますから、借り入れ額が多くなければ、それだけ金利分の支払いも大きくなってしまいます。

計算方法としては、借り入れ金額に金利分の0.18をかけ、365日で割ると、1日分の金利を出すことができます。
10万円の借り入れを1ヶ月後に1万円返済した場合、金利の支払いが1480円程度となりますから、元金は8500円程度しか返済することが出来ていない状態となります。
50万円の借り入れを1ヶ月に1万円ずつ返済した場合には、1ヶ月の金利分の支払いが7400円程度となりますから、元金の返済は2600円程度となってしまい、中々完済に辿り着きません。
 
借り入れ額が多くなってしまうと、毎月の返済額を増やさないと、中々完済に辿り着きませんから、専業主婦カードローンを利用する場合には、借り過ぎに注意し、計画性を持って借り入れをするように心掛けましょう。

このページの先頭へ